2017年2月 8日 (水)

鬼はどこにいる?

 2月3日は節分です。
 毎年、陽だまりの丘保育園では、自分の心の中にいる悪い鬼を
追い出しています。

 伝統行事に触れられるよう、フリージア組さんから参加しているのですが、フリージア組さんとストック組さんは、小鬼に扮したクローバー組さんが登場し、豆の代わりにボールを投げているんです。

Dsc06638

 手作りのお面を被り、こっそり待機しています。

Dsc06647

登場すると、泣いている子もいますが、
優しい小鬼さんたちは目線を合わせ、ゆっくりと声をかけていて
怖がらせるような事は言いません。
「がおぉ~♪」とうなり声まで優しくて、思いやりが伝わって来ます。

 暫くすると…

Dsc06644

優しい小鬼さんと触れ合う姿も見られました。

Dsc06645

Dsc06649

 もちろん、少し怖い大人鬼も登場!!
自分たちで作ったマスを握り応戦します。

 その後、幼児園庭では…

Dsc04336

 オリーブ組さんからチューリップ組さんまでが
クローバー組さんの小鬼を、自分の心の中の鬼に見立て
「野菜嫌い鬼」や「泣き虫鬼」等を追い出しています。

 子どもたちは、大人が思っているより、
自分の事をちゃんと分かっているんですよね。

Dscn4154

ちなみに、クローバー組さんは、
クローバーの会でリアル鬼と戦っています。

Dsc02044

 心の鬼を追い払った後は、年の数に1つぶ足して豆を食べ、
北北西に向かって恵方巻きを食べ、幸運を招いています。

 子どもたちに、どんな鬼を追い出したかを聞いてみてくださいね。

2017年1月24日 (火)

炊き出し訓練。

 先週、炊き出し訓練をしました。

 震災の際には、電気やガス、水道等
生活と深く結びついている物が使えなくなるという話をすると
真剣な表情で、保育士の話に聞き入ります。

Dsc06612_2

園庭では、栄養士が皆で食べる豚汁作りを始めます。
まず、経験のあるベテランの先生が、火をつけます。

Dsc06617_2

 使える枝や紙を、身近にある道具を使って準備する姿も
どういう風にしてるのか、身を乗り出して見ていました。

Dsc06622

その間にも、出汁や具材を入れながら
どんどん出来上がっていきます。

Dsc06624

最後は、出来上がった豚汁をもらいに行って終了です。

Dsc066271

 震災の時には、手や食器を洗う水も無いため
紙皿やラップおにぎりと、より実際に近い形で食事をしました。

 子どもたちの協力が必要な事
周りが危険な場合があるので動かない事
食べ物を大切に扱う等、気付きも多かったようです。

 偶然ですが、17頃停電がありました。
「昼間話していた事が起こるとこうなる」というのが
リアルな体験を通して感じられたようです。

 周りの人への感謝や、不自由無く生活出来ている事にも感謝し、
より、自分たちの生活に引きつけて考えられた訓練日となりました。

2017年1月20日 (金)

ダンスレッスン!

 講師を招いて、ダンス指導をして頂きました。
いつも耳にする音楽とは異なり、リズミカルな曲に自然と身体が動き始めています。

Img_8012

“恋ダンス”の曲が流れると、子どもたちは大興奮!!
一つひとつ丁寧に振り付けを教えて頂くと、あっという間に覚えていました。

Img_8045

音楽に釣られて、続々と集まってきたかと思うと、小さな子どもたちも身体が
動き出し、ご覧の通り♪

Img_8103

最後には、講師の方々のダンスショー!

刺激いっぱいの時間でした。

» 続きを読む

2017年1月 6日 (金)

Happy New Year

あけましておめでとうございます。

Img_7834_2

新年は、正月遊び・餅つきから始まりました。
コマ回し・羽根つき・福笑い・凧揚げ等、正月ならではの
遊びに笑い声が響いています。

Img_7815

餅つきでは、まずは、もち米を試食!
『これ、お餅になるの?』と、もち米の変化を楽しみながら、
大きな掛け声と共に、餅つきをしています。

Img_7809

Img_7824

3色(醤油・きなこ・ゴマ)の餅を
味わい、季節ならではの
体験が出来ました。

今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

2016年12月22日 (木)

12月といえば!!

 12月22日は陽だまりの丘保育園のクリスマス会です。
朝からワクワクしている子どもたち。

 まずは支援室に集まり、先生たちの劇を楽しみました。
プレゼントを持って行くサンタさんとトナカイさん。
無事プレゼントを届けられたようです。

Img_7541

 そして、幼児クラスは歌や合奏を見せ合い楽しみました。
見に来ていた乳児さんたちも、楽しくなって身体を揺らして
音楽に乗っています!!

 終わると、今度はクリスマスパーティーです。

Dscn3656

机を合わせて食事を頂きます。

Dsc04157

 乳児さんの食事には、調理師さんが折ってくれた
サンタさんの折り紙が付いていました。
自分の顔にお面のように当てて楽しむ姿が可愛かったです。

 その頃、2階には…
サンタさんから、プレゼントが届いていました。

Img_7671

 ドキドキ・ワクワク、期待しいる様子が伝わって来ます。

その後、2階でもグループでクリスマスパーティーをしています。

Dscn3813_2

 見ためも楽しめるクリスマスの行事食に食欲も進み
1日中ウキウキの陽だまりっこたちでした。

 調理師さんにとっては、とても忙しい1日だったと思いますが
子どもたの笑顔がたくさん見られ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 大人にとっても幸せな1日になりました。

2016年12月 3日 (土)

お楽しみ会 幼児の部。

 アイビー組が仲間入りして迎えたお楽しみ会。
 運動会が終わって時間もあまりない中、普段、興味を持って
調べたり、試したりしている事を発表へと繋げています。

☆幼児の部

Img_2002_2

★ひかりグループ

 ハーブから世界へと興味は広がり、オリンピックへと発展しました。
ひかりんピックでは、縄跳び、鉄棒、柔道、ボール投げと
様々な競技が展開され、ぽっくりや虫捕り競争のような、オリジナルな
競技も取り入れられています。

 また、オリンピックの五輪についてや、メダル、パラリンピックの説明も、
大人顔負けな発表が繰り広げられました。

 国旗や中国語、イタリア語の発表でも、笑いや歓声を誘っています。

Img_2054

★かぜグループ

 菌に興味が向かい、発展した中で、ジュース屋さんになったり
きのこや菌の発表、劇、クイズ等を発表しました。

 クイズやジュース屋さんでの保護者の方との掛け合いも楽しく
劇でも、シュールな笑いが巻き起こっています。

 個性的な発表に、一人ひとりの良さが見られました。

Img_6645_3

★もりグループ

 水の科学館に遠足に行く等、試す事が大好きで、当日の成功に向け、
楽しみながら実験しています。

 空気砲、しゃぼん玉、舟、そして、自分たちで電磁石を基に作った
リニアモーターを走らせる等、当日は大成功!!
ドキドキワクワク、楽しみながら発表していました。

 クイズでは、虫や水に関する物が出題され、保護者の方にも
温かい拍手を頂いています。

Img_6680

 楽しいお楽しみ会になったのも、保護者の皆さまのご協力あって
こそだと思っています。

 結果では無く経過を大切にしている、異年齢での関わりの中で
の育ち、個性を大事にしながらも、心を1つにして協力し合う等、
陽だまりの丘保育園ならではのお楽しみ会を楽しんで頂けたでしょ
うか?

 子どもたち、保護者の方々の笑顔が沢山見られ嬉しかった1日でした。

 ありがとうございました。

 

 

お楽しみ会 乳児の部。

 みんなが楽しみにしていた、お楽しみ会です。

 陽だまりの丘保育園では、普段の遊びの延長上にお楽しみ会が
あると考え、遊びの中での学びを大切にしています。
 興味、関心のある事に夢中になる姿を、見て頂けたら嬉しいなと
思っています。

 また、保護者の方が愛情を込めてつけた名前を大切にし、
お名前を、0,1歳児は担任が呼びお返事をする、2歳児と幼児は自己紹介で名前を言います。

☆乳児の部

Img_1751

フリージア組は、可愛い青虫に変身して手作り楽器で遊びました。

Dsc06538

ストック組は、野菜さんになってカレーを作るチームと、オニのパンツを履くチームに分かれています。

Img_1826

オリーブ組は、色々な物を探しに冒険へと出掛けます。
普段、手を洗う時に唄っている手洗いの歌も唄っていましたよ。

 愛らしい表情と、温かいまなざしに囲まれて、とても楽しそうな
子どもたちの表情が印象的でした。

幼児の部へ続く…

2016年11月30日 (水)

いよいよ・・・

 早いもので明日から12月。
園内の装飾もクリスマスバージョンです。

Img_1707

年長児の織物も飾られ、冬を迎えようとしています。

Img_1704

さて、いよいよ今週は、お楽しみ会。
子どもたちが普段楽しんでいる生活や遊び・興味や関心の
ある事をご覧頂きたいと思います。
成長を感じてもらえれば幸いです。

Img_1714

2016年11月10日 (木)

新入園児 保育参観

 毎年、新入園児の保護者の方向けに、保育参観を行なっています。
 今回は、エプロン・三角巾・マスク・サングラスを掛けて、保育士に変身!!
ちょっぴり怪しい風貌ですが、この姿は、保護者と気付かれず、
近くで子どもたちの様子を見て頂く事が出来ます。

Dsc06471

 初日は、子どもたちが!!!!☆ と、不思議そうにしていましたが、
数日経つと、変身保育士にも慣れた様子です。
気付かれてしまいそう・・・と思いきや、誰も見つかっていません。
幼い子どもの目には、変身している人という認識ではなく、風変わりな人として
目に映っているのでしょうね。

Dsc06476

 保育園で、どんな様子で遊んでいるのか、食事の様子や、友だちとの関わり、
保育士との関わりを見て頂けたかと思います。
新入園児の保護者の皆さま、変装のご協力をありがとうございました。

変装なしの保育参加は、随時、受け付けております。
ご希望の方は、担任までお知らせください。

2016年11月 9日 (水)

準備するもの。 その2

 幼児グループでは、子どもと一緒に環境を準備しています。
また、保護者の方にご協力頂く事もあります。

Photo_7

夏には、保護者の方にすいかを頂き、園庭でスイカ割りに挑戦。
「季節ならでは」も大切ですよね!!

Photo_8

「果物の甘さ気になる」と糖度を測って記入していきます。
リンゴサイダーを作る際、糖度を測って作るのですが、
それをきっかけに、給食の果物の糖度を次々と測って記録しています。
糖度計は、興味に合わせて園長先生に準備して頂きました。

Photo_9
また、舟作りから、川や地図等へと興味も広がり、
手作りの地図を保護者の方に準備して頂きました。

Photo_10
子どもの好奇心にワクワクしながら応えてくれる
保護者の方に感謝です。

Photo_11
廃材を上手く使うのもテクニック!!
ひと手間加えて遊ぶだけで、素敵な作品へと早変わりです。

季節に合わせて、エントランス等も
事務の先生が素敵な季節感の味わせるものを飾ってくれます。

Photo_12

 子どもの知的好奇心をくすぐる環境作りはとても大切です。
楽しく遊べる事はもちろん、自分のお家のように安心して過ごせるような環境も準備していきたいと思います。

準備するもの。 その1

 夏から秋にかけての保育の環境を少しだけ振り返ってみました。

Photo
フリージア組さんの「ウォータードロップ」。
水に慣れ始めた0歳児の興味を引く、とても綺麗な物でした。
プニュプニュした感触も触れて楽しんでいましたよ。

Photo_2
ストック組さんでは、絵の具を使った感触遊び。
五感を大切にしている、陽だまりの丘の保育には欠かせません。
秋の始まりを感じさせるリンゴにして、飾っています。

Photo_3

Photo_4

オリーブ組は虫に興味があり、先生たちは考えて…
廃材の蓋を利用して、セミの成長を見える化しています。

Photo_5

壁に飾ると時系列で成長も見られ、大喜びです。
そして…

Photo_6

探究する心や好奇心へと繋がっていくんですね。

子どもたちにとって環境って、心も身体も育む大切なものなんです。

2016年10月31日 (月)

運動会

☆ハッピーハロウィン☆

玄関では、かぼちゃがお出迎えし、園内はハロウィンの作品も飾られています。

Dsc06109

 先週の土曜日に運動会を開催しました。“心を一つに” のテーマに合わせて、レインボーリボンを付けて参加しています。

0
0歳児:フルーツをお買い物

1

1歳児:だんご虫に変身して探検中

2

2歳児:野菜に変身!

3

3歳児:おいーーーーッス! 椅子体操

4

4歳児:パラバルーン★

5

5歳児:よさこいソーラン節

Dsc03246

子どもたち・保護者の方の笑顔がたくさん見られた運動会でした。

お手伝いしてくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

» 続きを読む

2016年10月11日 (火)

引き取り訓練

 年に1度の引き取り訓練を行いました。

大きな地震・火事を想定して、避難場所まで避難しました。

Dscf9177

小さな子どもたちは、バギーに乗って移動です。

Img_0299

避難場所が分かりやすいように、のぼりを立てています。

Img_0312

停電を想定して、保育室にはランタン・懐中電灯を灯し、おやつを食べています。

Dscf9185

園長先生からの話や、看護師から応急処置についてレクチャーがあり、真剣に聞いていた子どもたちです。

Dscf9188

本番さながらの緊迫した雰囲気でした。

Dscf9194

保護者の皆さま、ご協力ありがとうございました。

木育

木育 2回目は、 『椅子作り』

ヒノキ・スギの木の皮を竹で剝いていきます。

力やコツが必要な作業ですが、竹で切り込みを入れる・皮を剝く・仕上げをする等、年齢ごとに役割分担をして行なっていました。私たちが決めなくても、子どもたち同士で話し合って決めていく姿は、異年齢保育ならではですね。

1

一皮剝く度に、木の色が異なって見えるので、子どもたちは新鮮な発見を楽しんでいましたよ。木の種類によっても皮の色が違っていました。

2

集中して剝いていくと・・・

こんな色に!

4

ドリルで穴を空けると、ヒノキ・スギの香りが漂ってきます。

「鰹節みたいだね。何で大きさが違うの?」と、削った木からも新たな発見や遊びが広がっています。

3

素敵な木の椅子が出来上がりました!!

5

2016年10月 4日 (火)

水槽がやってきた!!

 先日、保育園の玄関エントランスに水槽がやってきました。

中には、カラフルな魚が泳ぎ、子どもたちの目は釘付けです。

 動く魚を目で追う事が楽しくて仕方がないようで、

顔を見合せながら笑っている子どもたちです。

Photo

 入れ替わり立ち替わり、子どもたちが見に行く中、

「こっちにおいでー」と、水槽の近くに来るように誘われました。

「後ろからでも見られるから大丈夫だよ」と答え、笑顔を返しますが、

保育士の手を引き、一緒に見ようと誘うように水槽の横へ…。

 その時「あっ」と、思わず声を上げてしまいました。

横から立って見ている大人の視点と、下から見上げる、子どもの視

点では、見え方も全く違い、子どもの視点に立って

一緒に見る事の大切さに改めて気付かされた一瞬でした。

Photo_2

 改めて「すごいねー、お魚が通る道がよく分かるね」と答えると、

「うん!」と、頷く子どもたち。

伝えたい事が伝わった事、ちゃんと分かってるんですよね!

感動を分かち合える喜びを、一緒に噛みしめました。

 お迎えの際には、子どもたちと一緒にホッと一息ついてみてくださ

いね!!

 

» 続きを読む

2016年9月19日 (月)

敬老の日

毎年、敬老の日に、祖父母の方へのプレゼントとして、カードを送っています。

今年も、子どもたちのとびきりの写真と共に、メッセージや手型のしおりを同封しました。

Dsc05560

背伸びをしながら、大きなポストに投函していると・・・

Dsc05562

郵便局の方が集荷にやって来ました。

Dsc05567

思いがけず、ポストの中を見る体験が出来、大興奮の子どもたちです!!

2016年9月 2日 (金)

あわあわわ~!!

 泡を使った感触遊び。

Photo_2

見て、触れて、感じて・・・

匂いは、ローズかな?

子どもたちは、泡の虜になっていました。

Photo

こちらは、色泡ジュース。

プクプクと膨らむと、美味しそうな飲み物に!!

何に見えますか?

Photo_3

タライに入れると、色と泡が混ざり合い、顔を近づけて興味深く見ていました。

Photo_4

2016年8月22日 (月)

3つのパワーレンジャー★

Photo

 昨年度から行なっている食育劇。

今回は、『3つのパワー』についての話です。

Photo_2

Dsc05398_3

赤:血や骨、筋肉になる食材

黄:熱や力になる食材

緑:調子を良くする食材

Photo_5

3つのパワーの働きを知る事が出来、バイキンをやっつけました!!

2016年8月19日 (金)

 天候の変化があった1週間でしたね。そんな中でも、子どもたちは元気に水遊び・プールを楽しんでいます。

 

Photo_8

2歳・幼児クラスのプール。

1

0歳児のプール。水の動きに不思議さを感じているようです。

Photo_2

続いては、ウォ―ターベット!!

Photo_3

小さな魚が隠れているよ!

Photo_4

 色水遊びと氷遊びをアレンジして、『色氷遊び』 を行いました。

自分で作ったカラフル氷を使って絵を描いてます。

Photo_5

Photo_6

手が冷たい~!!

Photo_7

様々な涼の楽しみ方がありますね。

2016年8月 5日 (金)

どうなるかな。

もりグループが、6月からペットボトルを集め作っている舟。

今日、プールに浮かべ、本当に乗ってみる事になりました。

Photo

ペットボトルが集まっては、相談しながら、時間をかけて作っています。

Photo_2

7月に完成させ、夏まつりでも展示し、保護者の方々にも見て頂き、
子どもたちも嬉しそうにしていた、あの舟です。

“自分たちが乗りたい”という思いで作っていたので、今日プールに浮かべて乗る!!という試運転を決行しています。

まずは、プールへと運び込みます。

Photo_3

次に、プールに浮かんだ舟に、続々と乗りこんでいきます。

みんなで乗る順番を考え
①アイビー②チューリップ③クローバーで乗り込みます。
どうやら、3歳児の体重の軽い子から乗った方が
沢山乗り込めると考えたようです。

Photo_5

徐々に乗り込んで行く子どもたち。
「1人、2人、3人…」
大喜びです。

しかし…
途中から浸水し始めます。

Photo_7

結果、舟は壊れてしまいました。
子どもたちの、グループ全員22名が乗るという目標は
達成されませんでしたが、この経験から、子どもたちの中で
何かが生まれているようです。

今後、どう進んで行くのかが楽しみです。

«「いらっしゃいませ。」

無料ブログはココログ